Lalamove の配達パートナーになるべき 5 つの理由

featured image

一般的な会社員勤めではなく、配達パートナーとして働くメリットとは一体何でしょうか。会社員として勤務すると福利厚生や待遇など便利なサポートがある中で、配達パートナーとして働く理由はどんなものがあるのでしょうか。

先に結論を少しお伝えすると、ララムーブの配達パートナーは、十分な収入に加え、インセンティブの種類が多く不労所得を生み出すことができます。

ララムーブの配達パートナーとして得られるメリットが気になる方は、「5 つの理由」をチェックしてみてください。

1. 柔軟な働き方が実現できる

「朝の9時に出社して、5時に退社。」ララムーブでは、そのような同じ生活を送るのではなく、自分の好きなタイミングや時間の長さで働きたいという方におすすめです。

たとえば、朝一番で働いてお昼以降は自由時間にしたり、今週は7日間働いて来週は7日間旅行に出るなど、24時間365日自分の好きなように生活をすることができます。

  • 家族と一緒に過ごす時間を増やしながら、同時に安定した収入を得たい方
  • スキマ時間でもっと収入を増やしたい方
  • 毎日同じリズムの生活を手放したい方

上記に当てはまる方は、配達パートナーとしてララムーブに参加してみましょう!

2. 臨時収入を稼げる

本記事をお読みの方で、以下のような境遇にいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 今月の出費が多く、まだ月の 2 週間目だけどお金が足りない
  • 生活にかかる費用を稼ぎつつ、将来の目標のために月に数万円ずつ貯めていきたい
  • 学費を支払うために、柔軟にお金を稼げる方法を探している
  • ギグワーカーとして配達の仕事に興味がある

このような方にとっても、ララムーブを利用することで簡単かつ自由に収入を増やすことができます。スキマ時間、あるいはフル稼働するなど、必要な額から逆算して稼働することが可能です。

3. 初心者の方でもできるお仕事

ララムーブの配達パートナーになるために、特別な応募資格は問われません。有効な運転免許証と軽貨物車、そして黒ナンバーをお持ちであれば誰でも登録することができます。

また、私たちの配達パートナーにはさまざまな背景を持っている方がいらっしゃいます。

  • 定年退職された方
  • 学期休み中の学生
  • 専業主婦の方
  • 障害者コミュニティの方

具体的な事例として、マレーシアのララムーブで稼働されている配達パートナー様をご紹介します。

Lalamoveでドライバーとして活躍するタンさん

タンさん(61)は、ララムーブの配達パートナーの一人で、障害をお持ちです。彼は「自分の障害は、社会奉仕しながら収入を得る上では障害にはならない」と信じ、日々ララムーブで活動されています。

私たちララムーブは、配達の仕事を望む誰もが、仕事の機会を得るに値すると信じています。

4. 各種インセンティブおよび報酬額

ララムーブの配達パートナーになると、インセンティブや特典を受け取る機会が多くあります。十分かつ安定な収入を得るだけでなく、同時に不労所得も得ることができます。

たとえば、「ドライバー紹介プログラム」があります。ドライバーアプリに登録すると、あなた専用の紹介リンクが発行されます。

そのリンクから、ほかのドライバーがアプリに登録し初回配達を完了させると、

  • ご紹介者には 5,000円
  • 新しいドライバーの方には 1,200円

が贈呈されます。

また、上記プログラムに加え、「ミッションボーナス」もあります。指定された配達数を達成することで、数千円のボーナスが入ります。

5. コミュニティへの貢献

マレーシアのLalamoveがボランティア活動をする様子

ララムーブの配達パートナーになることは、お客様に配達をするだけではなく、皆さんの住む地域で重要な役目を果たすこともできます。

たとえば、ララムーブは地元のチャリティー団体と協力し、恵まれない地域や最前線の人々に必需品を届ける慈善活動を行っています。(現時点では、海外のみにて実績あり)

皆さんの地域に住んでいる支援を必要としている人に物資を届け、地域に還元できる体験をララムーブと一緒にやってみませんか?

今すぐララムーブの配達パートナーとして参加しましょう!

いかがでしょうか。本記事では、ララムーブで稼働して得られる魅力的なメリットや特典をご紹介しました。

免許証、軽貨物車、黒ナンバーをお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。

今よりももっと自由な生活・働き方で、多くの人に感謝されるお仕事を、私たちララムーブと一緒に行っていただけると嬉しいです!

Lalamoveの配達パートナーになる

 

Read more