宅配・デリバリー型の弁当屋|成功のヒントと試すべき配送方法とは?

featured image

「宅配・デリバリー型の弁当屋で利益を最大化するために、改善できることは何だろう。」

試したいことはたくさんあるけど、初期投資が必要だったり、時間がかかるものだったり…
すぐに実践して効果が出るような方法を探すのは、なかなか難しいですよね。

そんな苦難を経験してきたあなたに、

  • 弁当屋の利益をあげるための具体的な対策が知りたい
  • 初期投資や時間がかからない方法を知りたい
  • なるべくすぐに、だけどリスク低めでできる方法を知りたい

を解決できる、最適な方法を詳しくお伝えします。


そもそも「宅配・デリバリー型」の特性とは

「宅配・デリバリー型」弁当屋以外にも、さまざまな弁当屋が存在します。この中で、宅配デリバリーの特徴やメリットは何でしょうか。分析しながら、どの点に対策を講じるべきかを考えていきましょう。

お弁当のイメージがわかる画像

宅配・デリバリー型弁当屋は、店舗を持たずにオンラインや電話で注文をうけて弁当を作り、配達をして弁当を届けるサービス業態です。

2020年のコロナ渦をきっかけに市場は大きく成長し、2023年の現在も増え続けています。

参考:<外食・中食 調査レポート>2023年のデリバリー市場規模は8603億円の見込み、成長率は前年比11%増、コロナ前比106%増

宅配・デリバリー型弁当屋のメリットは?

宅配・デリバリー型の弁当屋を経営するメリットとしては、物件や店舗などの準備にかかる初期投資があまり大きくなく、比較的ビジネスを始めやすいことがあります。

またお客様側からは、家やオフィスから注文でき、手元まで届けてくれる「早さ」や「楽さ」が魅力です。

運営コストの面でも、「店舗型」と「キッチンカー型」と比較してみます。

  家賃 人件費 食材原価費 水道光熱費 車両維持費 広告費
宅配  〇  〇  〇
店舗  〇  〇  〇
キッチンカー  〇  〇  〇

宅配デリバリーは、店舗を持たないので家賃や人件費が多くかかりません。逆に、配達が前提となるため車両維持費は必須で、また人の目に入る機会が少ないため広告費も必要です。

宅配・デリバリー型弁当屋が成功するには

宅配・デリバリー型の特性やメリットを理解できたところで、本題の「どのように成功させることができるのか?」に入っていきます。

利益を最大化するうえで重要なのは、「売上を上げること」と「費用を減らすこと」の2つです。それぞれ掘り下げて、どんなコツがあるのかを見ていきましょう。

売上を上げる

売上を上げるために何ができるか考える様子

宅配・デリバリー型の弁当屋が、売上を上げる目的で取り組める内容は主に以下の5つがあります。

  • メニューの充実(全員)
  • プロモーション活動(主に新規顧客向け)
  • ロイヤリティプログラム(主に常連客向け)
  • 注文システムの利便性の向上(全員)
  • デリバリーの迅速化(全員)

売上を伸ばす観点でいくと、サービスの核となるメニューの拡充は欠かせませんよね。また、店舗がないため人の目に入る機会が少なく、集客を伸ばすにはSNSやgoogleを活用したオンライン広告も有効です。

商品開発やプロモーション活動の傍ら、予約から配送までのオペレーションを充実させることも重要です。特に宅配・デリバリー型弁当屋の場合、お客様が期待していることは「早く楽に注文でき、手元に届くこと」です。

その点でいくと、

  • 注文システム:メニューの分かりやすさと、選択してから注文確定までのスムーズさ
  • 配送:お弁当の完成後、すぐに商品を届るための配送オペレーション

において常に改善を図っていくことも大切です。

費用を減らす

企業の支出を減らす方法をイメージする画像

弁当屋が利益を上げるためには、「費用を減らす」取り組みも重要です。具体的にどんな費用が発生していて、どんな工夫ができそうかを簡単に見ていきます。

  • 原材料費
  • 人件費
  • 家賃
  • 保険料
  • 車両費
  • 広告費
  • 情報システム費
  • その他事務関連費

たとえば、原材料費で考えてみると、食材の仕入れ先や代替食材の検討には時間がかかりますが、材料を減らすことで保管コストを浮かせたり、供給チェーンを最適化することで中間業者をなくし余計なマージンを削減できます。

また、宅配・デリバリー型では車両費が必ず発生しますが、近年、日本で新しく誕生しているマッチング型の配達アプリを使うことで、車両代、メンテナンス代、駐車場代、さらに配送スタッフの人件費をいっきに削減できます。

マッチング型の配達アプリ「ララムーブ」とは?

ララムーブの画像

荷主が、オンラインで集荷先と目的地を入力して注文を依頼することで、AIがドライバーと瞬時にマッチングを行い、当日中に配送が完了できるサービスです。

このようなサービスを活用すると、自社で車両を管理したり配送スタッフを雇う必要がなくなるので固定費を下げることが可能になります。

また、ララムーブは月額費用や登録費用もかからず、使った分だけ費用が発生するので、初期投資や維持費も必要なく、簡単にシフトすることができます。

サービスの詳細を見てみる

配送を工夫すると、宅配デリバリーならではの課題の改善が期待できる!?

利益の最大化に向けた対策はたくさんありますが、宅配・デリバリー型の弁当屋だからこそ「配送」という部分には課題があり、対策をすることで大きく改善できそうな内容がありそうです。

宅配デリバリー業界で、配送に関してよくある課題

配達ドライバーがお弁当を運んでいる様子

配送に関する一番多い課題としては、弁当の注文数に合わせたドライバーの確保が難しい点です。

注文数が日によって大きく変動する弁当屋が、自社でドライバーを確保すると、

  • 注文が多い日:すべて対応できずに機会損失が出てしまう
  • 注文が少ない日:ドライバーが余ってしまい固定費が重くなってしまう

ということが発生し、どちらも利益の最大化を阻む課題となってしまいます。

配達アプリ「ララムーブ」を使うと解決できること

ララムーブの配達ドライバーとお客さんが笑顔で会話する様子

上記の課題に対して、マッチング型の配達アプリを利用するとどのように解決されるのかを詳しく見ていきます。

①配送の固定費を減らせる

  • 車両代
  • メンテナンス代
  • 駐車場代
  • 配送スタッフの人件費

のすべてが浮くというメリットがあり、固定費の削減がかなり期待できます。

使った分だけ費用が発生する形なので、稼働していない間でもかかってしまう管理費や人件費を削減し、配送関連の費用は「必要な分だけの支出」に転換することができます。

②早く届いて、お客様にも喜ばれる

費用面だけでなく、スピードにおいてもメリットがあります。

たとえば、急なオーダーが入った際、自社スタッフが出ていると集荷までに時間がかかってしまったり、運送業者にお願いしても全員配達に出ていたり、呼ぶまでに時間がかかってしまいます。

しかしララムーブでは、アプリ一つで稼働中のドライバーに通知がいくので、ドライバーが瞬時に返答して配送まで実行することができます。

③対応幅が増え、利益向上に直結する

このような配送サービスを使うと、最終的に、利益向上に直結することが期待できます。

たとえば、急なオーダーが入っても「配達員が出ているから」という理由でお断りをする必要がなくなります。すると、ビジネスチャンスを逃さずに、むしろ受けられる注文を増やせて売上増加へと結びつけることができます。

それでも、「いきなり車両やスタッフを手放して、マッチングに頼るのは…」と不安がある方は、緊急時のサービス利用から始めてみるのはいかがでしょうか。

アプリをダウンロードしてみる

海外ではもう普通?こんな事例があります

すでに世界11のマーケットに進出しているララムーブでは、いくつかの事例があります。本記事では、シンガポールのカフェ・ベーカリーの事例をご紹介します。

Plain Vanilla- Tiong Bahru Plain Vanilla - Shop Front

シンガポールの地区 Tiong Bahru にある「Plain Vanilla」

【配達注文の状況】

  • 配達注文の売上収益: 全体の17%
  • 上記のうち当日配達: 3分の2
    • ララムーブは「当日配達」オーダーで利用

【Lalamoveを利用する前】

  • 事前の注文のみ対応していた(当日配達なし)
  • 配達は、2名のスタッフと自社のバンのみ

【Lalamoveを利用した後】

  • 毎月数百件の当日注文に対応できるようになった
  • 予期せぬ急増にも対応できた
  • 車両メンテナンスや給与などの不要な固定費の削減に成功
  • 閑散期で月平均500件以上、繁忙期で2000件以上の配達を行えるようになった

参考記事:Lalamove Enables Plain Vanilla’s Foray into Online Food Delivery

ララムーブで配達費用を減らし、利益を最大化しよう!

いかがでしたでしょうか?

弁当屋を経営するうえで、利益を最大化する方法は山ほどありそうですが、宅配・デリバリーの特徴となっている「配達して届ける」という部分から、まずは改善を図ってみませんか?

Lalamove(ララムーブ)では、中小規模のあらゆる業者を支援するため、テクノロジーを通して配達を便利にするという使命で日々サービスの運営を行っています。

もし配送でのお困りごとがあれば、以下ページのフォームからいつでもお問い合わせください。

サービスの詳細を見てみる

 

Read more