チャーター便は当日手配できる?当日の依頼方法と注意点とは

featured image

イベント事や建設現場、緊急事態の対応など、様々なビジネスシーンで急な配送が必要になることがあります。

「事前予約はしていないけど、今すぐ荷物を運ばなくてはいけない…」という場合に、当日のチャーター便の手配は可能なのでしょうか。また、依頼先や注意点とは?

本記事では、当日チャーター便を急いでお探しの方に向けて、依頼時の注意事項とどんな業者がクイックに対応してくれるのかをご紹介します。

チャーター便とは

チャーター便とは、荷主が車両を1台貸し切って荷物を直行便で目的地まで運ぶ配送方法です。

一般的な配送サービスと異なり、チャーター便は他の荷主の荷物と混載されることがなく、特定の荷主の荷物だけを運ぶため、スピーディーかつ安全に配送できます。特に、大量の荷物や特別な取り扱いが必要な商品、急ぎの配送が必要な場合に利用されることが多いです。

また、チャーター便は「貸切便」や「専用便」とも呼ばれます。

当日チャーター便での運搬が適している状況

急な配送が必要なとき

予期せぬ注文やトラブルが発生し、至急荷物を届ける必要がある場合に、当日チャーター便は最適です。

たとえば、店舗や工場での在庫切れ、緊急の修理部品の配送、急なイベントやプロジェクトの変更、重要な契約書や書類の送付など、迅速に対応する必要がある状況に役立ちます。

特別な取り扱いが必要なとき

貴重品やデリケートな荷物、特定の温度管理が必要な商品など、混載便ではリスクが高い場合に有効です。液晶モニターやガラス製品、医療機器など、荷積み・荷下ろしの際に他の商品と当たって破損することが懸念されるものは、当日チャーター便で慎重に取り扱います。

また、特定の温度帯で保管や運搬が必要な食品や医薬品もチャーター便なら安全に運搬ができます。

大型の荷物を運ぶとき

家具や機械、建材などの大型商品を運ぶ際には、当日チャーター便が便利です。大きな荷物を一度に運ぶことができるため、分割配送の手間を省き、効率的に作業を進められます。

また、専用の車両で安全に運搬できるため、荷物の破損リスクも軽減されます。

長時間・1日掛けのプロジェクトに車両が必要なとき

引っ越しやオフィス移転、大規模なイベント準備など、長時間や1日がかりのプロジェクトで車両が必要な場合、当日チャーター便が適しています。

柔軟なスケジュールで対応できるため、計画通りにプロジェクトを進行させることができ、効率的に作業を完了させることができます。

チャーター便の当日手配は可能なのか

緊急で配送が必要な場合やチャーター便の事前予約を忘れてしまった場合、「当日だけど車両が手配できるのだろうか」と心配になる人はいると思います。

結論、チャーター便の当日手配は可能です。当日チャーター便に対応している運送会社があるので、電話もしくはオンラインで問い合わせをし、空いている車両があればすぐに手配をしてくれます。

しかし、問い合わせをしたからと言って車両を確保できるとは限りません。車両の予定が埋まっていることや、昨今のドライバー不足の課題から当日対応が難しい運送会社もあります。ここからは、当日チャーター便を手配するうえで気を付ける事項を紹介します。

チャーター便を当日手配する上での注意点

29406807_m

運送会社によっては当日手配ができないことも

前述にもある通り、当日チャーター便を運営している会社でも必ず対応できるとは限りません。とくに新年度や年末年始は繁忙期であり、時間帯によっては予約が集中し、車両が確保できないことがあります。この時期に依頼が発生しそうな場合は、できるだけ事前予約をしておきましょう。

どうしても当日でないと依頼ができない場合は、複数の運送会社に問い合わせるか、事前に信頼できる運送会社をリストアップしておくと安心です。また、配送マッチングサービスで個人ドライバーを探す選択肢も検討しておきましょう。

時間や曜日によっては割増賃金がかかる

当日手配のチャーター便は、時間帯や曜日によって追加料金が発生することがあります。とくに夜間や早朝、週末や祝日の利用は割増賃金が適用される場合が多いです。急な手配が必要な場合は、追加料金を含めた見積もりを確認し、納得した上で依頼を進めるようにしましょう。

車種によっては別途料金がかかる

運ぶ荷物の種類や量によっては、一般車両ではなく大型トラックや冷蔵・冷凍車などの車種が必要な場合があります。これらは別途料金がかかることがあるので、見積もりを取る段階で荷物の詳細を正確に伝え、追加料金の可能性をしっかり確認しましょう。

当日でもチャーター便に対応できる業者

当日チャーター便を運営する運送会社

当日チャーター便に対応する運送会社があります。これらの会社は、大手運送会社から地域密着型の運送会社まで様々です。

大手運送会社は広範なネットワークを持つため長距離配送がしやすく、また車両の種類も多いので特殊な荷物の運送を依頼しやすいです。一方で地域密着型の運送会社は、地元の道路事情や地域のニーズに精通しているため、時間厳守の場合などに柔軟に対応してくれるでしょう。

「荷物の条件が複雑で、相談しながら車両を決めたい」「必着指定を必ず守らなければいけない」という方は運送会社に相談してみてください。

配送マッチングサービス

配送マッチングサービスは、急な配送ニーズに応えるための便利な選択肢です。オンラインプラットフォームを通じて、空きのあるドライバーや車両を即座に検索し、手配することができます。これにより、運送会社に直接連絡する手間を省き、スピーディーに配送依頼が完了します。

また、配送マッチングサービスは個人ドライバーや小規模な運送業者と連携しており、多様な車種と柔軟な対応が特徴です。シンプルな条件や緊急の配送依頼には、迅速で簡便なマッチングサービスが適しています。

当日でも安心!すぐにドライバーが見つかる配送マッチングサービス「ララムーブ」

Ver 2. Pictures for lalamove blog (16) (1)

ララムーブは、荷主とドライバーを瞬時につなぐ配送マッチングサービスです。24時間365日いつでも車両手配できるのが特長です。東京を中心に2,000名以上の軽貨物ドライバーが登録しており、急を要するオーダーにも迅速に対応できる体制を整えています。

依頼方法も簡単で、アプリから集荷先とお届け先を入力するだけでOK!依頼を確定すると、近くのドライバーに通知がいき、稼働できるドライバーが案件を受託する形でマッチングします。運送会社との間で発生するような、電話による問い合わせや見積もり依頼、また折り返し電話を待つ必要がありません。

Lalamoveで車両を手配する画面

また、ララムーブの特長は緊急性や操作性だけでなく、荷主にとって嬉しい料金設定にもあります。

ララムーブのチャーター便、ここがスゴイ!

①どこよりもお手頃な価格

ララムーブのチャーター便は2時間から予約可能で、短時間だけの利用も可能です。注目すべきは料金の安さで、たとえば4時間チャーターは  8,000円以下でご利用ができます!(※2024年7月現在)

全国で利用可能な配送マッチングサービスおよび運送会社と比較しても、このような差があります。

 ララムーブ4時間チャーター  8,000 円以下(税込)
 配送マッチングサービスA  12,100 円(税込)
 配送マッチングサービスB  12,980 円(税込)
 運送会社C  11,550 円(税込)

※会社や料金はすべてララムーブの独自調査によるものです。

②1時間ごとに課金が可能

多くの運送会社では、4時間もしくは8時間(半日チャーターや1日チャーターと呼ばれることも)といった、長時間単位によるチャーター便が特徴です。しかし、ララムーブの場合は最低利用は2時間となり、以降は1時間ごとに設定ができます。

「必要な分以上のコストをかけたくない」「短時間だけ利用したい」「時間延長の可能性があるから、柔軟なサービスを選びたい」という方は、ぜひララムーブを検討してみてください。

③車種による割増料金なし

チャーター便を利用する方の中で、運ぶ内容によっては冷蔵便や冷凍便を利用する場合があるでしょう。特殊機能が備わる車体は割増料金がかかることが多いですが、ララムーブのチャーター便はどの車両でも一律料金で利用できます。

 

このように、配送マッチングサービス「ララムーブ」は、その特徴を生かしたスピードや利便性に優れているだけでなく、その上で安い配送サービスを展開していることが分かります。

テクノロジーを駆使した新しい配送オプションで、利便性の高いかつコストの低い配送を、皆さんもはじめてみてください!

Lalamoveのサービス詳細を見る

Read more