「チャーター便」に迫る!混載便との違い、メリット、料金体系まで解説

featured image

物流手段の一つに「チャーター便」があります。これは、荷主が車両を1台貸し切り、直行便で荷物を目的地まで運ぶ方法です。

チャーター便は実際にどのような用途で使われ、他の配送方法と比較して具体的に何が違うのかやどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

本記事では、チャーター便の概要からメリット・デメリット、後半では料金体系や依頼方法まで気になるところを詳しくご紹介していきます。

チャーター便とは

チャーター便とは、トラックや飛行機を丸ごと1台、特定のお客様や企業のために貸し切る輸送方法です。たとえば、団体旅行で専用のバスを借りることがありますが、これもチャーター便の一例です。

物流のシーンにおいては、このように特定の荷主が車両1台を貸し切ることで、他の荷物と混載されることなく目的地まで直行することができます。具体的には、以下のようなシーンで使われることが多くあります。

  • 大型の家具や家電、建材など、取り扱いが難しい大きな荷物を運ぶとき
  • 医薬品や緊急補修資材など、時間が迫るなかで緊急配送をするとき
  • コンサートや展示会、ファッションショーなどのイベントで使用する機材や装飾品の搬入

混載便との違い

混載便とチャーター便を比較した画像

チャーター便と混載便の大きな違いは、車両を専有するかどうかです。チャーター便は、特定の荷主が車両を丸ごと1台貸し切って利用するのに対し、混載便は複数の荷主の荷物を1台の車両にまとめて運びます。

混載便は、輸送コストを複数の荷主で分担できるため、一般的にコストを抑えて配送できます。「小口依頼だとコストがかかるが、車両1台を利用して送るほどの量はない」という場合に便利です。ただし、さまざまな拠点を通過しながら配送するため、目的地に到着するまで時間がかかることもあります。

これと比較し、チャーター便は緊急配送や特別な取扱いが必要な荷物に適しています。その分、コストは混載便よりも高くなる傾向があります。

定期便との違い

定期便とチャーター便を比較した画像

チャーター便と比較されるもう一つの配送種類に、定期便があります。「ルート配送」とも呼ばれる定期便は、月極もしくは年極での契約期間の間、定めたスケジュールとルートで中長期にわたり定期配送をします。

たとえば、定期的に商品の仕入れを行う小売店舗やスーパー、生産ラインに合わせて材料や部品を仕入れる工場など、決まった曜日や時間帯に配送が必要な場合に利用されます。

一方で、チャーター便は不定期で利用できるため、定期便では対応できない緊急の配送や特別なニーズに対応するのに適しています。

 

【概要をおさらい】各種便はどのように使い分ければいい?

「混載便」と「定期便」の特徴がわかったところで、結局それぞれをどのように使い分ければより効率的に配送できるのでしょうか。

基本は、定期で必要なものは定期便を依頼しましょう。決まった曜日・時間に同じものを配送し、配送スケジュールを安定させます。ただ、時期においては定期便では足りない分が出て来ます。その際にチャーター便を利用し、足りない配送を補う形で利用しましょう。

また、上記の際にチャーター便と混載便で悩む場合は、以下2点を考慮して判断してみてください。

  • 配送の時間指定の有無
    • ある→目的地まで直行のチャーター便で、スピード重視で配送。
    • ない→混載便で複数の拠点を通過しながら、チャーター便よりも安く配送。
  • サイズの大きい荷物の有無
    • ある→混載便は、複数台の利用で高くなる可能性が。チャーター便も比較して検討する。
    • ない→時間制限のない小口配送は、安く収まる混載便で配送。

チャーター便のメリット

時間の短縮

チャーター便を利用する最大のメリットの一つは、輸送時間の短縮です。チャーター便では、特定の荷物のために車両を専用で手配するため、途中で他の荷物を積み下ろしする必要がありません。これにより、最短ルートで迅速に配送先へ荷物を届けることができます。

急ぎの配送が必要な場合や、時間厳守が求められるビジネスにおいて、大幅な時間短縮を実現します。

積載量を最大限に活用できる

チャーター便は、車両をまるごと一つの荷主が占有するため、積載量を最大限に活用できます。特に、大量の荷物を一度に運ぶ必要がある場合や、サイズが大きな荷物を運ぶ場合には、この特性が大きな利点となります。

たとえば、大規模なイベント機材の輸送や、オフィス移転によるオフィス家具等の移動、店舗在庫品の一括配送や建設資材の搬送など、特定のプロジェクトで大量かつ大型の荷物を運ぶ際に最適です。

損傷リスクが低く、特殊な荷物も対応可能

チャーター便は、他の荷物との混載がないため、荷物の損傷リスクが低くなります。さらに、特殊な条件が必要な荷物にも対応可能です。例えば、冷凍食品や精密機器、大型機械など、特別な取り扱いが求められる荷物でも、安全に輸送することができます。これにより、荷主は安心して荷物を預けることができます。

急な配送にも使える

チャーター便は、急な配送依頼にも柔軟に対応できるのが特徴です。通常の配送スケジュールでは間に合わない急ぎの案件や、予期しない緊急事態にも迅速に対応可能です。急な配送が必要な時には、すぐに車両を手配し、目的地まで直行することで、時間的な制約をクリアします。

チャーター便のデメリット

高コスト

チャーター便は、車両を丸ごと1台専有するため、通常の混載便や定期便に比べてコストが高くなります。車両の占有料金はもちろん、専属の運転手を確保するための人件費もかかります。そのほか、燃料費や高速道路料金なども全て単独で負担するため、長距離になるほどコストが高くなる可能性があります。

車両の空き状況に左右される

物流には繁忙期があり、とくに新年度や年末年始では多くの車両が使用されるため、空き車両を確保するのが困難な場合があります。多くの企業が同時に配送を急ぐため、車両の需要がピークに達し、また車両のメンテナンスや点検も必要になるため、予約がさらに難しくなることがあります。

このような時期に利用したい方は、事前に計画を立てておき予約をしておきましょう。

⇒緊急で車両を探す必要がある場合は、配送マッチングサービスがおすすめです

このような運搬はチャーター便が最適

時間が迫る配達にはチャーター便がおすすめ

配送ルートや到着時間の指定をしたいとき

混載便はさまざまな場所を経由して目的地にたどり着くため、「△月△日午前中」のような大まかな到着時間しか予測ができません。「△月△日の〇時までに到着」のように時間指定がある場合は、チャーター便で依頼したほうが確実に配送でき、顧客の満足度も保つことができます。

荷物の量やサイズが大きいとき

サイズの大きい荷物や大量の荷物を混載便で運ぶと、複数の車両に分けて運ぶ状況となり、結局コストが高くなってしまうことがあります。混載便を検討した際に「思ったよりも高い」「荷物によって到着時間がバラバラで、非効率かも」と思った際はチャーター便を検討してみてください。

特殊な商品を発送するとき

他の荷主と車両を共有して輸送すると、彼らの荷物に何か問題が発生した際にクレームが発生するリスクがあります。

たとえば、匂いのある荷物を混載便で依頼した場合、他の荷主の荷物にその匂いが移ってしまうとクレームに発展しかねません。匂いが強い荷物を運ぶ場合や、逆に自社の荷物をそのようなリスクから守りたい場合は、チャーター便を利用しましょう。

また、混載便はいくつもの場所で荷下ろしを行うため、他の荷物を下ろす際に当たってしまい、破損する可能性もあります。壊れやすい荷物や繊細なものは、なるべくチャーター便で運ぶようにしましょう。

チャーター便の料金

チャーター便を利用する際には、「距離制」と「時間制」の2種類の料金体系があります。それぞれの概要について説明します。

距離制

走行距離に応じて料金が決まる料金体系です。これは、遠方への配送や長距離移動が必要な場合に適しており、たとえば工場から全国の販売店へ大量の商品を配送する際などに利用されます。長距離を移動する際に、走行距離に応じた料金が正確に計算される点がメリットです。

時間制

運送にかかる時間に応じて料金が決まる料金体系です。これは、短距離の輸送や待機時間が発生する場合に適しています。たとえば、都市内の短距離配送やイベント会場への物品配送など、特定の時間帯に確実に配送する必要がある場合には、時間制が有効です。

また、配送先での待機時間が予想される場合には、待機時間を含めた料金が計算されるため、予期せぬ追加コストを避けることができます。

チャーター便の依頼方法

運送会社

運送会社を利用する場合、専門スタッフのサポートが受けられます。どのタイプの車両が最適かわからない場合や、最適な配送ルートの提案が欲しい場合、運送会社は経験豊富なスタッフが対応してくれます。

また、複数のプランを比較しながらじっくり決めたい場合にも、運送会社が提供する複数の選択肢から最適なものを選ぶことができます。

配送マッチングサービス

配送マッチングサービスを通して、個人ドライバーに直接依頼する方法もあります。必要な車両をすでに把握している場合や、簡単な手続きで迅速に予約を済ませたい場合に便利です。

また、配送マッチングサービスは登録ドライバーの数が多いため、車両を確保できる確率も高いでしょう。短時間で確実にドライバーを見つけたい方にオススメです。

ララムーブで、チャーター便を簡単手配!

お急ぎの配達やチャーター便の手配はララムーブがおすすめ

ララムーブは、距離制と時間制の両方を指定できる配送マッチングサービスです。東京を中心に2,000名以上のドライバーが登録しており、配送が必要なタイミングで即時予約をすることができます。

また、アプリやPCから予約を完了させることができるので、お急ぎの方でも面倒な手続きなしで利用できる便利なアプリです。詳細は以下からご覧ください!

Lalamoveのサービス詳細を見る

Read more